World's Wing

Premium
2007

in 大阪松竹座

セットリスト

1部

『ダンス』(聞いたことあるような曲・・・)のみでスタート。セットはなくセリを使うぐらい。それも最初に上がってしばらく踊っただけでした。衣装は黒のロングジャケットに黒のパンツ。きっちりかっちり踊ります。

『GO ON』ジャケットのファスナーをあけて踊ります。最初から比べると♪叫びたいなら〜で腕を回すのが減った気がしましたが、立って歌ってるだけで絵になるんだな。

『World's Wing』ジャケットは脱いで赤のラメ入りタンクトップへ。後ろ向きで腕を上げたとき、その上げ方と腕の筋肉が明らかにジュニアとはひと味違い、きれいでかっこよかった。ここで大きな翼(公演タイトル入り)が上がってきたり階段状のセットが出てきました。♪じゃっすげりーおんって体を斜めにし、右手を伸ばしていく振り付けがものすごく好きです。そして簡単に挨拶。

『十六夜』どんなにトークをしてても、花道のセリのところに立つとキリッとポーズを決めてました。そしてワンコーラスほどセリが上がって、降りたと思ったら袖に行ってしまいました。BADと5人のジュニアが引き継いで踊り、他のジュニアも歩いて出てきていなくなりセットもなくなったと思ったら翼くんが一人立ってました。

『フラメンコ』(ダンスのみ)。盆が回って正面にくるとフラメンコのスタート。本当にセットが何一つありません。衣装は白のシャツに黒のパンツとこれもシンプルなので長い手足を使った動きが更にきれいに映えてました。静かな動きから激しくなりつつも悲しい気持ちになりました。また途中からは影を背景に大きく映していました。

『アンダルシアに憧れて』黒の帽子に紫の柄ロングジャケット。背景には薔薇が三つ。歌がストーリー仕立てになっているので、見やすい流れですね。しかもフラメンコをしっかり習ったことでよりアンダルシアらしさがでていました。

『ダンス』(NYの風景)階段状のセットとプラスアルファが少しあるセット。出演者の紹介みたいなダンスがあり、最後に翼くんが紹介されました。衣装は白の上下に帽子。ステッキを持って登場して踊ったり、手品(?)があったり、街頭で踊ったり、ベンチに腰掛け新聞を使って踊ったり、ミュージカル風でした。

『Pride♂the END』(ジャズバージョン)ジュニアの小さい子とシンメで、二人きりになったときにはほぼセットはありませんでした。アレンジが変わるとまったく違う曲の印象です。細かく振りがついていて踊っていました。

『Shining Tune』セリがあがってスタンドマイクでしっとり歌いました。これもなんとなく『約束』に通ずるものがある気がしたので作詞したのかなと思いました。前向きな頑張ろうって思える曲です。

『アフリカンダンス』カラフルな衣装のジュニア達がでてきて踊ります。その間にやぐらのセットもどんどんあがってきます。カラフルな衣装に頭にはバンダナをまき、長い棒をもって登場。両端には布と明かりがついていて回して踊ります。棒を投げた後も地面を這うようなダンスだったり、やぐらに上っていて棒を軸に回転したり(折れそうで怖かった)、棒に捕まってスルスルっとおりてきたり(千秋楽よく見ると布が巻いてありました。摩擦熱を緩和するためかな)、ロープに足をかけてひっぱり上がったり、手だけをひっかけてセットから飛び出したり、とにかくワイルドな要素だらけでした。

『EDGE』やぐらの頂上までいくとドラムを叩きます。途中公演からは上着とタンクトップを脱いでました。そして歌が始まります。太鼓ってね、太鼓が大きければ大きい音がでるものじゃないのよ。そりゃ小さいよりは大きい音が出るだろうけど、さらに力一杯叩かないと本当の大きな音はでないの。それがずっと大きな音でマイクを使ってるとかそういうんじゃなくて、体に響いてくるような音で、左手で太鼓を押さえて右手で乱打してるときも含めてとにかく曲の間ずっと全力で叩いていました。前を向いたまま後ろにあるシンバルを叩くのとかとにかく全力で、あんな闘志むきだしの翼くんは初めて見るようでした。間奏部分では照明を落とし、白の垂れ幕やバチの叩く部分、ターバンの生地の一部分などが蓄光になっていたのか、青白く光っていて神秘的でした。しかもドラムはずっと続いていました。とにかく、圧倒されっぱなしで涙が出そうになりました。

2部

『World's Wing』花道から登場。舞台にはジュニアが踊っているので油断していたらセリから上がってきてビックリです(笑)黒スーツに白シャツ、前のボタンのあたりだけ黒ラインが入っている衣装でした。

『Get Down』おなじみの曲なんだけどちょっと大人っぽい感じでした。

『Loving tonight』とにかくジュニアも含めて踊ってます。なんだかセクシー。

『World's Wing』ここまで怒濤のメドレー。そしてゆっくりとMCでした。

『2nd face』オリジナルのままの振り付けが客席以上に本人がお気に入りだったような?ここから「立ってよし、歌ってよし、踊ってよし」でした。

『流れ星』マイクスタンドを使ってしっとりバラード。セリがあがっていき、星空のようなバックにラストはもちろん流れ星☆彡

『SAMURAI』前半はマイクスタンドのまま歌い、やぐらのセットが登場&移動するに合わせてスタンドを持って移動し、間奏からはマイクのみで歌いました。お客さんだけ用でいいから振り付けが欲しいな。新曲発売に合わせたMCなどがありました。

(チャールストンにまだ早いなど短いダンスのみメドレーあり)中世貴族風衣装のマネキンが3体でてきて、それぞれの前で少しずつ踊りました。

『哀しみのプリンセスへ』懐かしい振り付けのままでした。でも大人になったね〜。

『Be COOL』関ジュも含めて全員がっしり踊ってます。

「関ジュの曲」黄色と黒を基調にグループごとに違う感じの衣装でした。翼くんと違って腰に力入れてるなあと分かりやすい振りもありつつ、覚えやすい曲で結構好きでした。

『Never Ever』白のロングジャケットに白パンツと黒のタンクトップ。大きな翼と共に登場。花道のセリや舞台の盆のセリも使って、少しだけ拳を振り上げます。でも♪Never Ever〜以外の振りはほとんどしませんでした。金銀赤のテープが飛びました。

『AXEL』翼くんだけスポットライトがあたったり、改めて照明も凝っていたんだと実感。それにしても踊り続けてます。

『濡れてRainy Day』ちょっと短めでした。曲調もちょっとゆっくりで階段を使ったりしてました。

『DO ME CRAZY』またまた激しく踊りました。関ジュがグループごとにお辞儀をして残った翼くんはジャケットを脱いでベストになりました。そして『約束』への想いを語りました。

『約束〜World wing〜』セットもジュニアもなく歌い上げました。それが余計に心にしみてくるようでした。



感想・苦情はこちらまで→


HOME

女の子お絵かき掲示板ナスカiPhone修理池袋 ブラジリアンワックス