1幕2幕

PLAYZONE2009 太陽からの手紙
8/23 18:00開演 8/26 13:00開演
SCENE 1 内くんとQuestion?の歌からスタート。いきなり客席の登場の内くん。すぐ近くを通っていきました。細いし、薄い!
そしてパーカーを被って顔を隠してキスマイ(赤ジャージ)が登場。もちろん、They武道(黄色ジャージ)もM.A.D(緑ジャージ)もいて、踊ります。19人で踊ると迫力あるよね。さすがみっちり稽古を積んできただけあって、キスマイもダンス上手くなったね。自分らしさではなく基本に忠実にって言ってた北山くんは本当にそうだなあって思いました。
もちろん見ているのは山本くんばかり。登場から気合い十分な様子とか、フォーメーションの移動ですっごく素早いのとか、こうでなくっちゃね!ちなみに江田ちゃんと林くんはパーカー付きですが、山本くんと高橋くんはなかったです。あと山本くんは片足だけ膝近くまでまくってました。
藤ヶ谷くんと内くんの争いが始まり、台詞とアドリブの応酬。1人ずつ台詞がある感じで、話が進みます。すっかり高橋くんは人気者になってますね。「屋良くんの半ズボンが僕の長ズボンです」って本当にそうなりそう(^O^;)山本くんも長めの台詞があって、「あ、下がっちゃった」てのが可愛かった(*^^*)でもその後に箱に乗って「オレです」って言った野田くんが「なんで箱に乗っちゃうかな?」に「だって「箱フェチだから」って箱に抱きついたのが面白すぎ(笑)笑いを堪えきれない藤ヶ谷くんが面白かった。川村くんもそれに合わせて台詞を変えてきたから余計にみんなが笑いを堪えるのが大変そうでした。あとガラガラヘビをやらやらへびって誰が言ったんだっけかな?
そして次の曲が終わったときかな、みんなは立て膝なのに江田ちゃんだけセットにもたれるようにして三角座りしてたの。なんか、可愛かった。
山本くんの台詞。集団の真ん中当たりにいたので「前に出ていいですか?」と宣言してから前に出てきました。今の状況について「説明すると長くなりますが、2人の意見が対立してます」って得意げに言い切っちゃうの。かわいい〜。もちろん「短っ」ってツッコミが入り、「みんなで頑張ろうってマニフェストを決めたじゃないですか!」で「そのマニフェストを決めたのは誰だ?」となり、野田くんが箱に乗ります。「野田くん、いくら先輩だからって、わざわざ箱に乗らなくても・・・」って言われると「この箱のくぼみ具合がいいんだよ〜」ってまたも笑いを持って行っちゃいました。そして屋良ちゃんの若い頃の話で“やら”と掛けて川村くんが一言言うんだけど、「箱のくぼみ具合がやらしいんだな」って上手い!ええわあ、好きやわあ。
「お前らは歩み寄るってことを知らないのか?」でいきなりQの台詞が始まり、「浜崎あゆみは車に乗ると酔う。あゆみ、よう(歩み寄る)」とか「浅香唯は朝湿疹がでる」で?な雰囲気になってると江田ちゃんが前に出てきて「その流れで行くと左とん平は左利きになりますね。」もっと?なお客さん。でも「いやぁ、人気出ちゃうなぁ。」って頭をポリポリする江田ちゃんが可愛いから良いよ。ニッキのギャグなのは承知してますから。そしたら急に「あー、朝、痒い。浅香唯か」ってアクンがハンドマイクを通して言うの。「何でマイクなんだよ」「バンドだから」に妙に納得しちゃいました。
そうこうしてるうちにせっかく前に出た山本くんが「あ、下がっちゃった。」って慌てたり、「話を戻そうよ。」って言うとみんなが上手斜め前の方に向き直り一気に視線を浴びたので「わあ、二十四の瞳ってこういうのを言うのかな」って感慨深げに言って、話は進んでいったと思います。
そして気付くと“淀川“ってA4にでかでかと書いた紙を胸に貼った人が「バンド組行くぞ」って号令を掛けてQと内くんはハケて行きました。「淀川、あんなにゴツくないだろ」うん、実物はかわいいと思う(^_^;
そして林くんの台詞「屋良さんは着替えに行きました。」はっきり林くんと分かる台詞で覚えてるのはこれだけ・・・。冷静な役通りの言い回しでした。初見で声が高いと思った松本くんは年相応な感じがしました。「幕が開かなかったらお前らのせいだからな、Kis-My-Ft2さんよ〜」とか言ったのは武内くんと加藤くんだったよね。イライラするけんか腰の感じがすごく良かった。こういうの好き〜。
SCENE 2 屋良ちゃんの携帯に届く変なメール。ああ、ニッキの声が聞こえる・・・。
その屋良ちゃんがいない間にみんな好き勝手に携帯タイムに。山本くんも「留守電聞いてきます」って。誰かと誰かの「おばあちゃんが産気づいた、おじさんが生まれる〜」って出て行った後に「おばさんかもよ」ってやりとりが面白かった。あと屋良ちゃんの1人台詞に男性客だけが笑って、それに対して大多数の女性客が笑ってしまうってのも。
さて噂の「ケータイ天国」さいっこうやね(*^^*)山本くんはエンジ色のシャツに黒のウエスタンなフリンジのついたベストで下はジーンズ。ものすっごい笑顔で踊ってるの〜!!これを可愛いと言わずにいられますか!?携帯に結んであるヒモはピンク。とってもラブリー♪ヒモを持って携帯を振り回して首に巻き付けたり、苦手かもと思っていた小道具との共演も成功。右斜め上を見る癖も出てたね。多分、踊ってて楽しくなったら出る癖だね(笑)えーん、可愛すぎる〜。なんでこの衣装がステージフォトで売り出されへんのやろ?ちなみに今日の競馬中継は武内くんでした。聞きやすい良い感じでした。
そういえば、北山くんの携帯にメールが来たことから携帯タイムが始まるんだよね。「あ、森光子さんからのメールだ。東山さんに転送しなくちゃ。ニシキ、植草レッツダンス」って最後はモノマネみたいなのが入ってハケて行くんだけど慌ただしいの。もしや?と思ったら「あいつ、携帯忘れたよな」って(笑)そうだ!前はポケットから携帯を出してメール見る演技してたよ(笑)
そして「ケータイ天国」では大縄跳びもやってたんだね。普通に入って抜けるんじゃなくて、山本くんはバク転してました!さっすが〜(^^)そして千秋楽の競馬中継は誰?と思っていたら一言ずつのリレー形式。だからThey武道とM.A.Dみんなの声が聞けました。小野寺くんが最後の長めを受け持っていたから本来は小野寺くんだったのかも、と思いました。
そこでキスマイは乗馬マシーンに乗ってます。なのに、登場でいきなり千賀くんが落ちちゃって、「オレらって荒野の七人みたいじゃね?」って台詞があるのに、「こんな暴れ馬を乗りこなせるのは俺たちぐらいだよな?千賀を除いて」って先の台詞がが変わったらグダグダになっちゃいました。アドリブと言えば「画素って何?」で「東京ガソとか天然ガソは知ってるけど」って言うならそこは「大阪ガソ」に変えなくちゃ〜って思っちゃいました(^_^;
SCENE 3 キスマイの内部分裂というか突っ走る藤ヶ谷くんをなだめてごちゃごちゃするシーン。北山くんの役って難しいね。メンバーだからこそ言い合えるのかと思いきや自己主張が止まらなくなってきて、まとめようにもどうにもこうにもとばっちりみたいになってくるし・・・。曲を聞いて思い出すのは下手側の階段の途中でラップパートの藤ヶ谷くん。1-6に近い闘争心があるもんね。でもそんなシーンなのに玉森くんは乗馬マシーンに乗ったまま。注意されて途中で下りても揺れてます(笑)しかも千秋楽では人参を仕込んでまるで人参でつって先導してるような事もしてました。
SCENE 4 屋良ちゃんのダンス曲。北山くんにアドバイスしながらも自分も悩んでることを表現するダンス。これはもう屋良朝幸でないと表現できないダンスですね。屋良ちゃんが屋良ちゃんの肉体で踊ってこそのダンス。引き込まれました。ただ、歌がイマイチでした。高音は出ないし、伸びないし・・・。ダンスだけでよかったかも(ゴメン)。
そしていきなりセットの2階に登場の高橋くん。白のマントとゴーグルかな?なんかヒーローっぽく仕立てて、「ともゆき、今からともゆきの所に行く」って棒を伝ってするするーって下りました。なんだろう?よく分からへんけど、すっかりそこは高橋くんの世界(笑)「たっかはし〜」って自己紹介もどきも何度かして、屋良ちゃんに携帯を渡して去っていきました(笑)
やっぱり歌が気になる・・・。ダンスはさすが屋良ちゃんって何度も思ったんだけどね。

そして普通に下手袖から高橋くんが登場。あ、普通じゃないね。オープニングの内くんの衣装を着てギターを持って登場。「やっと内くんのマネをマスターしました」ってそのまま歌い出しちゃいました(笑)これがまた結構似てるの。「もうちょっとやってけば?」で披露した翼くんの「SAMURAI」の歌マネも似てるの。上半身の反らし方なんかもね(笑)散々笑わしてもらったあと、本題の携帯とは別の携帯をズボンの右ポケットから出して、屋良ちゃんへ手紙を読み上げました。その間、ずっとうつむいてる屋良ちゃん。読み終わって「あれ?泣かないんですか?はあー、じゃあ」といつもの携帯を渡し、「こっちで泣かないで下さいよ」という高橋くん(^o^)うーん、残念ながら屋良ちゃんは千秋楽だからって泣くタイプじゃないんだよね〜。惜しかったね〜。
SCENE 6 回想シーンって手作りの札を持つちびっこ。そこへ阪神のユニフォームを着た内くんと巨人のユニフォームを着た藤ヶ谷くんが登場。ジュニアに入った頃は仲が良かったって話なんだけど、藤ヶ谷くんの背中には「MONA」って書いてあって、でも「二岡だよー」と言い張るんだよね。たいぴーよく頑張った(笑)ちなみに内くんはリュックを背負っているので誰のユニフォームか分からず。
そして上手側に川島くんが登場して、台詞があります。ユニットで名前の書いてある子以外は大阪に来ないと思っていたので、来てるんだとうれしくなりました。
ここからジュニアのショーコーナー。正装で踊る関ジュのちびっ子達。しかもなんだかんだと自己紹介もしてました。
朝田くんと今江くんは2人でコント。ほんと、元気いっぱいです。そこに混じって、「ニカちゃんだよ」とコーナー参加の二階堂くん。翼くんのキメポーズを3つ。うん、似てる(笑)
あと白浪五人男の口上のパロディですか?ってのがあり、関西ジュニアが和傘を持って登場。覚えてるのは「関西ジュニアイチ名前が長い藤原丈一郎」と「これは日焼けです。向井康二」と4人終わった時点でセンターに集まって焦りつつも頑張る5番手の古謝くん。内容は忘れたけど「古謝那伊留であいうえお作文」最後は「るんるんるん」とスキップでみんなの元へ。そのまま「TIME ZONE」を歌いました。
東京からは裕太と京本くんとアンダーソン・ケイシーが来てて、京本くんがむっちゃ背が伸びてました。1人だけすらっと大きくてビックリ。裕太は相変わらずアンダーソンの英語を聞いて「お父さんに聞いてみよう」って言ってたけど、この客層で笑うかどうかと言うと・・・。それにもっと全力で踊らないと上達しないよ・・・。
ちびっこコントはまず、藤原くんとと金内くん。「宮田、あれ以上面白なったら芸人やろ」からスタート(笑)進行が藤原くんで翻弄される人が金内くんって感じ。「オレな太陽からの手紙きてん」で自分が書いたことを隠して藤原くんが色々ツッコミ入れたりするって内容。
今江くんと朝田くん(多分)で漫才。英会話からスタート。「ワッチュアネーム?」「アイムオバマ」「ワッチュアネーム?」「麻生」「あっそう」チャンチャン。そして宮田くんが頭を抑えて手を振り回しても当たらない今江くんが可愛かった。
千賀くんと誰かもコントをして、「パンくんでーす」って紹介されて「チンパンジーだろ」って怒る千賀くん。オーバーオールの胸の所にパンくんというかチンパンジーのぬいぐるみを仕込んでます。床に座らせようとしても座らないから、前に進まないってオチなのに、今日は三匹も仕込んでるからパンくん達を袖に向かって投げてる間に終了しちゃいました。
何曲かちびっ子ジュニアメドレーがあったんだけど、「悪魔な恋」が終わると「鼓動」のイントロが聞こえてきた私。やばい、松竹座の記憶が・・・。あと岡崎くんの笑顔がいつもより固かったな。タキシードを着て踊る曲とかはセンターでいい位置だったけど、さみしそうに感じたのは私の思い込み、かな?
口上:「太陽なような心の持ち主です」朝田くん。「関西ジュニアイチ美男子と言われているとかいないとか」金内くん、「関西ジュニアイチ名前が長い」藤原くん、「そして最後に控えしは」・・・、「あいうえお作文します。・・・」古謝くん
SCENE 8 3つのグループに分かれたWSS風のダンス。こういうのがミュージカルだよね〜。好きです。山本くんも何度も胸トントンって「幕を開けたい!踊りたい!」ってのを目一杯表現してました。
小野寺くんがしっかり踊っていた。まだまだ体の線が細いけど、M.A.Dに入ったのが分かるなあってダンスでした。頑張れ〜。
あと、この盛り上がった感じで1幕を終わらせてもよかったのでは?とちょっと思いました。
SCENE 10 Question?が下手よりの場所で屋良ちゃんと色々話したのはここかな?「ヨンチェ」のマネとか、「諸君」って言うと「私はアクンだが」って意味もなく屋良ちゃんに近づくアクンとか(笑)
北山くんが「オレは心が広いからな。ソロやっていいよ」って言って玉森くんのソロコーナーになるんだけど、つながりが全く思い出せない・・・。あと玉森くんが課題としていた長台詞。うん、もう少し、・・・ね。
川島くんが出てきて「内くんのドラクエさせられてます」って言ったのはこのシーンの前だったかな・・・?
アクンがついに屋良ちゃんのほっぺにキスした(笑)一応このシーンが終わるまで屋良ちゃんは無反応。でハケる時に何かしようとしたらアクンがお姫様抱っこして連れ去りました。それにしても屋良ちゃんの横に背の高い顔の濃い人がいると、なんだか、なんだかな気分になりました・・・。
ギターを弾いてる横尾くんに「お前、バイオリン弾けるんだな。セレブだな。」って(多分)北山くんが言ったのもこのシーンの前かな?帰ろうとする川島くんに「ちゃんと帰れるか?」「営団地下鉄、顔パスなんで」がやっと聞き取れてそこは「大阪の地下鉄は」とか変えなきゃ〜って思ったのはその後だったのかな???
玉森くんのソロはイントロが長めで照明も特にピンとかで当たってない場所で、山本くんが踊ってました。顔を確認できた訳じゃないけど、あれはそうだと思う。そして蛍光棒みたいなのをくわえてるように見える(笑)きっと首辺りにぶら下げてるんだろうけど、うつむき加減で踊ってるし位置的にマンガで犬が骨をくわえてるような感じだったので(^_^;)
バックで気球に乗っているかのように楽しげな武内くんとTJが可愛かった。キスマイメンバーもピエロのような衣装で踊っていました。左右花道の電飾恐竜は何・・・?
SCENE 11 服装でダンサーか、ラッパーか、泥棒か分かるって話をしていたのはここだよね。そしたらとんでもない北山くんがでてきた(笑)藤ヶ谷くんも(笑)上半身(持ち物含む)だけ弁慶なんだもん。「4月は毎日被ってたけど・・・、大阪じゃ分かりにくいし、リュックじゃないし」って私は懐かしくてアリだと思ったよ。They武道は「中途半端だなあ」って言われてたけど、高橋くんはらしい服装やったやん。江田ちゃんと林くんはTシャツジーパン、山本くんは白Tに黒ベストでした。普通に可愛いやん(^^)
北山くんがなんか言おうとしてるときに照明が落ちて「ええー」と言いつつ、「男が謝って礼をする」=「オ・シャ・レ」が始まりました。照明が落ちてる間にもちろん、衣装替え。後ろの映像に色々ジャニの看板広告が映るんだけどけっこうそっち見てたかも。気付いたら大阪の映像だったし、「Tough Weeds」もあり、曾根崎警察から梅芸になり、「オルトロスの犬」が最後に確認できた看板ですね。
北山くんの私服はイズミヤで購入(笑)そして工事現場のお兄さん達M.A.Dの4人。登場しつつ吟じます(笑)今までこういう出番がなかったってだけで実はM.A.Dって芸達者よね〜。そしてどうしようもない雰囲気になったとき、「北山も吟じちゃえよ」って山本くん(^^)元々軽い台詞はあったけど、アドリブナイス!なんとか一節吟じて、北山くんの衣装替え。ちなみにミナミの帝王みたいな屋良ちゃんも歌中に登場してました。
SCENE 13 北山くんと内くんのシーンで「お前はニュースだった」で「俺は笑えないぞ」ってσ(^_^;)でもネタにできるようになったんだねって思いました。
そして「オレが踊ったらおかしいかな?」って内くんが歩み寄ってるのが分かり、「あいつだけ意地張って、ほんと馬鹿だよ、藤ヶ谷は」って繰り返す北山くんに殴りかかる内くん。子供の頃は仲良しだったもんね。今は対立してても「馬鹿」呼ばわりは見過ごせない。
ファンレターを「太陽からの手紙や思てるねん」って内くんの台詞。それで後押しされる?力になるならって思っちゃうよ。
そしてつながりがまったく分からないけど、確か幕の向こうには大きな橋のセットがあり屋良ちゃんがいるんだよね。不思議なメールを読んでいて、その内容が一昨年の「朝はいつも生まれたて」って台詞を思い起こさせる内容でした。朝はいつもスタートなんだよね。
歌は屋良ちゃんソロで途中からThey武道も入ったと思います。基本的なステップを踏んでる姿が頭に浮かんできます。そして山本くんを見ていたら、黒○ンにグレーのゴムにピンクの文字が見えたような・・・?
ハケるとき、デューク更家のような歩き方をする北山くん。後をついて行く内くんに「お前もやれよ」「いやや」「最後なんだから」で結局やっちゃう内くん。やっぱり関西人(笑)
SCENE 14 いきなり藤ヶ谷くんが釣りをしていて、ヒットしたんだけどなかなか網を北山くんが持ってきてくれないから、いつまでも糸をひっぱるふりをしなきゃいけなくて辛いというシーン(かなり違う)。内くんとの事を話して、ようやく藤ヶ谷くんもつっぱるだけは止めようと。しかし、網で捕まえたお客さんを「あ、ポニョだ」って言ったのは大丈夫そうなお客さんを選んでるのかなって思ったり、「お前いい竿持ってるな」って捨て台詞もニッキだなって思ったり。
屋良ちゃんのいる橋に北山くんがやってきて、状況報告みたいな事をしてました。8/26はやたら四股をふんでふんどしじゃなく何か言い間違いをしていたけど、思い出せない・・・。
藤ヶ谷くんと内くんの歌。内くんもあまり声がでてなかった。劇中の台詞で内くんのパートの練習をしている藤ヶ谷くんに「内の方がうまいのにな」ってのがあったんだけど、そうかなあって感じの内くんの出来でした。うーん、ここに来て矛盾を感じてしまった。
SCENE 15 白詰め襟で合唱のシーン。なんか客席通路からわらわら登場で、山本くんを捜すのに必死(笑)上手側の通路で壁に向かって歌っていたのでまったく顔が見えなかった・・・。ステージに上がってからはよく見えて、一生懸命な姿が良かったです。ちなみに19:40終了予定が19:47でした。 すっかり登場場所を忘れている大馬鹿の私。真横を山本くんが通っていったのに顔ではなく後頭部しか見られなかった(T^T)結構細かくパーマあててました。しかもみんなが立ち位置に着くと一番ステージよりに立っている山本くんはあとの2人にすっぽり隠れて姿を確認できない(>_<)せっかく、今日は歌ってる姿をマジマジ見られると思ったのにー。ステージにあがってもちょうど被る人がいて見えなかった・・・。でも 山本くんと裕太がハイタッチしたり、、岡崎くんと裕太が笑い合ってるのを見られたから良しとしようかな。みんなで作り上げたプレゾンだからね。そして更にアドリブで伸びて14:54終了(笑)
Overture ショータイムの幕開けです。
Opening メドレー 屋良ちゃんが一幕と同じように上半身は衣装なのにズボンはパジャマみたいな衣装でご挨拶(笑)リニューアルプレゾン、ね・・・。
少年隊メドレーだからってわざわざ3人で歌わなくてもいいのにって思うのは、やっぱり少年隊ファンとしてはそれが少年隊じゃないのが辛いから。しかも「まいったね今夜」のイントロが去年と同じで手拍子も出来ずに固まっちゃいました。
「情熱の一夜」は盆が回るんだけど客席からみるとちょうど縦一列になったとき、加藤くんが一番客席寄りでした。
「what's your name?」でThey武道が出てきて、「そうだ、手拍子しよう」っとやっと意識が戻った感じ。最後のポーズは山本くんの正面になりた〜いって(笑)
「君だけに」は何処見てたか記憶にない。おそらくバックを確認していた。
「仮面舞踏会」はキスマイ全員で歌いました。7人で♪強く、強く〜って右手を挙げる振りをやるんだけど、なんか人数が多すぎて笑ってしまった(^O^;)
「what's your name?」の最後の♪あなたが欲しい、で片足立て膝なのに、1人だけ両膝ついてる江田ちゃん。なんか、なんかエロイ。
わりと今日は平気で見てるなあと思ったのに最後の「仮面舞踏会」でね、急にぐっと来ました。初見のときはキスマイの衣装を見て「帯板みたいやなあ」って気楽なことを思っていたのはどこに行ったんだろうってぐらい・・・。ある人のブログで「キスマイはそりゃもう一生懸命で、だから余計に・・・」って読んだそのフレーズが蘇ってきたの。頑張ってなかったらムカついて怒ってという感情になるんだろうけど、頑張ってるからこそ余計にPLAYZONEはもう少年隊から後輩達へ引き継がれたんだなってのを実感したのかもしれない。しかもこの曲はバックがいないから、他に気持ちを向けられなく涙があふれそうでもう少しで流れ落ちるところでした。
屋良朝幸 with
  They武道
屋良ちゃんアカペラの「Now and Forever」から始まり、They武道も入って歌います。山本くんのしゃがみながら歌う癖はいつもと一緒(^^)
「ペール・ギュント」ってこの曲なんだあ。椅子に座った3体のマリオネット(江田ちゃん、林くん、高橋くん)を屋良ちゃんが操って踊ります。白手袋はめて、ダンスだけのシンプルな構成でした。そして途中から山本くんと屋良ちゃんは抜けて、セリの上で踊りながらマジックのシーン。暗くても江田ちゃんの動きはなんとなく分かるもの。
そして「ここでCMです」と声が入ると「コンバットCM」衣装もそのまま〜。ただし、3人だけどねー。後ろではCMが流れたり、歌詞が出たり。「夜のきみは綺麗さ」とか「目が合うと逃げてしまう」とかそんな歌詞だったよね(笑)歌が終わると北山くんが出てきて、屋良ちゃんに握手を求め「あ、山本さんも」って近寄り、握手しながらも山本くんは「どこでも出てくるなあ」って一蹴(笑)そして北山くんは、千賀くんには握手を求めず「ここは入れよ」って押し込めようとします。「なんで、なんで?」って繰り返して聞く千賀くん。「何で2回聞くんだよ?」に「一度で二度聞く(効く)んだよ」って、千賀くん、うまい!なのに、円柱を横にしたようなんに入れられ、転がされ、途中止まって逆立ち状態のまま頭を中心にぐるっと回され「こんなの初めてー」って上手袖に転がされていきました。あげくに北山くんは去り際に「ゴキジェット買おう」って言っちゃうしね(^^;)
「Love Sick」は高橋くんのラップから始まるんだけど、それがかっこよかった。びっくりするぐらいストリートな雰囲気を作ってた。
「ペール・ギュント」で椅子に座るとき、高さを揃えるために高橋くんがだらしなく椅子に腰掛けてました。1人だけ背が高いから大変だね。そして屋良ちゃんは江田ちゃんを操り、林くんと高橋くんの間に入って2人を操り(この間江田ちゃんは勝手に踊り) 、山本くんが屋良ちゃんを操って踊るというのがありました。マジックのシーンでは蛍光棒を空中浮揚させるんだけど、初めて「ああ〜」って分かりましたというか見えました(^_^;)それとこのときはセリの前でM.A.Dが踊っていて、バレエ系のきれいなダンスでした。
円柱に入れられたものの途中で押してもらえなくなった千賀くん。なんとか自力で動いて帰っていきました(笑)そして今日の北山くんは「コンバット買いますね」と言ったので「コンバット、やっと言えたね。」と屋良ちゃんが言い、「ね〜」って山本くんが無茶苦茶可愛かった〜(*^^*)それがまた2人、手を繋いだままで仲良し兄弟ですよ。小学校低学年と中学年ぐらい?そこへ千賀くんもまた出て来て、三人で手を繋いで「コンバット買って下さい」としっかり宣伝してました。私、結局買ってないからここで宣伝しとこうっとf(^ー^;
「Love Sick」は本当に高橋くんが見所だと思う。でも山本くんと屋良ちゃんが2人で歌うパートは山本くんの方が安定していて、歌も頑張ってるんだなってうれしかった。ダンスもきれいだったし♪
M.A.D 「PIKA☆NCHI」はバスケのボールをパスしながら歌いました。途中、袖からボールを受けとり全員がボールを使って歌ってました。
「時代」はボールはなく、ガッツリ踊る感じ。この歌には大野くんのソロパートがあり、前田くんと武内くんがソロで歌ったんだけどこれが良かったの。大野くんのソロって歌が上手い人が歌ってもなんかイヤであんまり受け付けてなかったんだけど、この2人はまったくそういう気持ちにさせずに逆に気持ちよく聞かせてもらいました。しかもその後の♪Heyって全員で言うのがかっこよく、♪NO,NO〜からが8人そろった迫力でものすごーくかっこよかったです。最後の方に幕の前で逆V字に集まったとき川村くんが吠えてました。
全員でボールを使うとき跳ねそこねてちょっと焦る武内くんを見ました。でもドリブル大失敗はなく、みんなかっこよくボールを扱っていました。写真を見ると青山ではセリも使っていたみたいだから、更に難しかっただろうね。
そして何より、広いステージをセットもなく自分たちだけで目一杯使って見せるM.A.Dはかっこよかったです。今まで先輩のコンサートで一曲歌わせてもらうM.A.Dというのは見たことあるけど、そうじゃなくて自分たちのパフォーマンスを魅せるってのは私は初めて見ました。これだけのことが出来るんだって、何なら本家よりかっこいいかもって思ったぐらいです!いいなあ、こういうの好きだなあ。
内 博貴
Question?
「All the way」この曲聞くとどうしても2年前のPZを思い出す。なんだか辛いし、声が余りでてないし。
「3ピース」が新曲ですね。結局、3の意味が分からなかった私・・・。
Rock曲メドレー 「目覚めろ野生」で二階堂くんだけ手をグッパーする振り付けをしてました。うん、いい子(^^)
「Believe my story」は関西ジュニアの頃の曲だよね。私でも何となく知ってるし、ここで聞くことに違和感を感じたり。
「Master Key」でThey武道が登場!黒タンクに黒パンツで 金シャツを羽織っているんだけど、山本くんだけズボンに入れてるか軽くくくってるかって感じ。しっかり踊っているんだけど、なんとなく迫力不足なのはバンドセットの間で踊るから狭かったからかな?
「ミッドナイト・シャッフル」この曲では山本くんのせっかくとめたシャツの裾がはだけてました。
「Hi!Hi!Rocky!!」おなじみになってるんですね〜。
Kis-My-Ft2 「Fire Beat」のイントロ部分だけで「ストップ!お客さん、楽しんでます?」って怒り気味の北山くん。3人ぐらいはお客さんに文句言う感じで、どうですか?みたいなことを言ってました。最後に「みんな肩に力入れすぎ」と言った玉森くんは「お前は入れなさすぎ」ってみんなから言われちゃったけどね。
「祈り」は「SHOCK」一幕終盤のパロディ?と思ってしまうのは屋良ちゃんがいるからだろうな。でも和のテイストを入れて殺陣もするってのは、殿の影響も受けてるんだろうなってちょっとうれしくなったり。They武道(襟の部分が緑基調)とM.A.Dがキスマイに立ち向かうってことで何度も斬りかかったり、斬られてはけたり、すぐに復活したり。山本くんはわりとずっと舞台上にいたね。1回ハケたのは覚えてるけど、2回ハケたかどうか・・・。あと刀を渡してアクロバットするとこがあり、終わって投げてくれたのを受け取り損ね、でもそこは誰かの見せ場的な動きがあるから動けず(‥;)少ししてから拾いに行って、何事もなかったかのように斬りかかってました。
「Hair」新曲ですね。最初はパンフによると「CRAZY」ってタイトルだったみたい。そしてここからキスマイはいつものキスマイに戻りました。つまり、ダンスがそろわ(ry
「Fire Beat」この曲は行く先々でよく聞いてますね(笑)普通に拳をあげちゃいそうだよ。で、途中から客席通路に出演者がわんさか登場。最初に来た加藤くんがすごく真剣にステージを見ていて、ちょっとこわかった。江田ちゃんは笑顔が可愛くて、しかも顔ちっちゃ〜肌きれ〜と感動。武内くんは頬の外側が荒れ気味なのよね。さて山本くんは?と思ったら2階にいました。それでも1階には下りてくるハズだからどこ通るだろうと待ちかまえていたのに、大勢のジュニアに紛れて下手壁際を歩いていきました(/_;)
ステージに上がった全員で例の頭振り。なんだか壮観というか笑けるというかσ(^_^;)
殺陣で背中に刀を隠し持ち、They武道&M.A.Dが大きな円になって後ろ向きに回るシーンがあるんだけどぶつからないもんだなあって感心したり、後ろ手にってポーズがカッコいいと思ったり(^^)
今日は投げてもらった刀をしっかり受け止め、しかも勢いがあるからそのまま座ったような姿勢で回転した山本くん。カッコいい!!その後、玉森くんの胴を思いっきり斬ったよ。あれは致命傷でしょ(^◇^;)そして次の曲の前に女ものの布を被って1人踊る山本くん。顔はずっと隠していて初見の時は確認できなかったけど今日は見えました。本人はかっこいいのを目指してるだろうけど、こういうのも綺麗にこなせるってのは素敵だよ。
「Fire Beat」でやっぱり軽く笑ってしまったら「もういっちょ」って北山くんが言って、更に頭を回すみなさん。なんかすごいやw
Ending 「あの日の未来で」全員が歌っていたと思います。林くんがマイクを右手に持っていたのがなんだか気になりました。ジャニーズって左手にマイクを持って右で振り付けをするっていうのが多いから、今後のためには左手で持つ癖を付けた方がいいのでは?と勝手に思ってました。あと、山本くんがラストの曲で右耳に髪をかけるのはやめたのかな?あれ、かわいいから好きなんだけどね。
メンバー紹介はニッキの声で、M.A.D、They武道、「天才バイオリニスト・Question?」の後藤くん、Question?、キスマイで間に「ロック歌手」内くん、「トゥザヘブン」屋良ちゃんをはさみました。
そして全員揃った状態でご挨拶。急にまったりになるから違和感が(^_^;)「演出家がUSJに行っても」(あ、スミマセン)とか、玉森くんは映画「ごくせん」の宣伝とか、藤ヶ谷くんはキスマイ単独コンの宣伝とか、映画に出たかった北山くんとか、松竹座の宣伝(まだ4日残ってるけどチケットはないんだよー、でも内くんありがとう♪)とか、プレゾンサントラの宣伝とかメインどころのみでした。そういえば「のえるにドラクエさせるなよー」って話にもなりました。どうやら内くんは自分より出番の少ない川島くんに「出ないときにやっといて」ってお願いしたみたい(笑)それを律儀に(?)舞台上にも持って出ちゃったのね。
携帯の電源を入れると21:15でした。
玉森くんと目があってニッコリしてる山本くん。かわいいー(*^^*)
M.A.Dの最初が川村くんなのは覚えてるけどあとの順番はまったく不明σ(^_^;)そして小野寺くんが泣いてるように見えました。おそらく初めての舞台だろうから、やり終えたって達成感と安心感と終わっちゃったさみしさかな。まだまだこれに満足することなく頑張るんだよ!!
They武道の最初は山本くん。しっかりためて千秋楽を噛みしめてるかのようにゆっくり、礼。次に出てきた江田ちゃんがちょっとつまり気味だったけど、ニッキの声はそんなことまったくなく、もしかして生で名前を呼んでいるのかもと思いました。
「演出家が新地に行っていても」にはそうなの?会社の窓から見えるよ、どの辺にいた?って真剣に思った(笑)演出家が行くような時間に私は会社にいませんけどね。
「梅田芸術劇場」って屋良ちゃんが言うんだけど「う」にアクセント付けてるの。でも多分関西人は「梅田」は平たんに読んでると思うから、違和感が・・・。
千秋楽と言うことでキスマイも全員挨拶。最初の千賀くんが前に出てくる時点でいきなりの大泣き。自分たちで看板背負うというのは大変なことなんだよね。泣き過ぎちゃうん?ってぐらい泣いていたけど、こういうのを見るとかわいいなあと思う。その分宮田くんは軽く、横尾くんもあっさりと、二階堂くんは「かっこいい事は言えませんが」と素直な自分の気持ちを話していました。翼くん絡みでこのプレゾンでポイントアップ中だから、その挨拶も良かった。玉森くんはそんな中でも「ごくせん」の宣伝(笑)北山くんは「小野寺が寂しいって風呂で言って」と話してました。梅芸はお風呂が広いのよね〜。
藤ヶ谷くんには「太陽からの手紙」が届いていて、本当にそう書いてある茶封筒を見せて中の手紙を読み上げました。要約すると全国ツアーが決定して、その会場と日程を順に発表。それぞれの土地から見に来てる子達だけが盛り上がって「○○からいらっしゃったんですか?」って聞いたりして面白かった。あと慌ててメモを取り出す人もいた。全部で9箇所。ファースト全国ツアーでそれはすごいね。関西では神戸だけみたいだけど、ワールド記念ホールだから大きな会場だね。「楽しいコンサートにしたいね」とか、「ケータイ天国は99%やる」とか。「オレ、読んでる間、膝震えてた」っていう藤ヶ谷くん。手紙を持つ手も震えていたね。そこに「オレも参加したい」という内くんや「振り付けさせてよ」って屋良ちゃん。前の方だけで楽しそうになってました。They武道とM.A.Dはあまり私自身が見てなかったけど、一応笑顔で拍手をしてたね。ムスーってつまらない顔をしてる子はいなかったと思う。でも悔しい顔はしてたね。告知するべき事があれば、きっと告知できたと思う。でも何もないというのが現実で、「くそー、オレたちだって」って思いながら聞いていたのかな。とことん、頑張って!!諦めたら夢はTHE END〜♪
幕がしまっても拍手が鳴りやまず、再び幕が開くとみんな後ろを向いていてしゃがんでいてスクリーンにお手紙が。稽古を始めたときからの感想があって、これは演出家が登場する!って思ったのに「橋を渡って一足先に帰った男」って・・・。なんで帰っちゃうの〜??青山の千秋楽は姿を現したんでしょー(v_v)ショックだけど「錦織さんらしいね」、「かっこいいね」って話してるのを聞いてるうちに、そうだなあって思えてきました。キスマイコン詳細発表で会場があれだけ沸いたんだから、もう自分たちだけでお客さんを満足させろよって。あとこれを書きながら思うのは、「革命」の打ち上げも一次会でさっと帰ったんだよね、自分がいたら気を使うだろうかって。ニッキはそういうかっこいい男なんです!!
最後は「ケータイ天国」でシメ。こっそりケータイを隠し持ってるのが見えていたからもしや?とは思っていたけどね。高橋くんの緑のヒモとか(笑)そして始まるとやっぱり楽しい。これでもかってぐらい客席に下りてきて、色んな子が行き交うんだけど山本くんは通らないし最後の方に林くんと高橋くんは通ったけど慌ただしく通り抜けて行くし、で見てるだけでした。ちなみに舞台上ではヨドバシカメラのハッピを着たアクンと淀川くんがいました。どうやってもらってきたんだろ?あと、箱を持ってきた野田くん。遠慮気味に置いてたら、前に持って行って「乗りなよ」って感じの山本くんがいました。でもその後山本くんをずっと見ていたので、野田くんが乗ったかどうかの記憶はないです(笑)そして誰かに手渡されたパンくんを客席に投げた千賀くん。千賀くんのだからというのではなく、普通に可愛いからあのパンくんが欲しかったです。
携帯の電源を入れたら16:41でした。約40分延長!!
全体の感想

楽しかったです。開幕するまでは自分がちゃんと楽しめるのか、極端な時期だったら最後まで見られるのか不安でした。でも青山での少年隊ファンの感想を読ませていただいたりして心構えができたのと、これはこれとして楽しもうという自己暗示がきいたみたいです(笑)実際、幕が開く前のあのワクワク感は変わらなかったもんね。
難を言えば、ニッキが演出だから本来ニッキがやるだろうなって役割はまだまだ難しいなって思ったこと。ニッキの得意とする話しかけてるだけのような台詞回しが屋良ちゃんがかろうじてこなせていたかなって感じで、北山くんはまだちょっと難しそうだったもん。そこは別の手法に変えることは出来なかったのかな?何もニッキ色に染める必要なないんだからさ。もちろん、ニッキから盗むことはいっぱいあるだろうけどそこは自分色に変えていかなきゃって思うな。
来年以降はどうするか分かりません。出演者次第かな〜。演出家も来年はどうなるか分からないし、出演することはないだろうしね。声と歌声のみっていうのは切ないので、出るならしっかり出て下さい。
They武道の出番は多かったのか少なかったのか?うーん、字の大きさから言ってこんなもんかなσ(^◇^;)演技も判断するほどじゃないけど、でも山本くんの演技好きです。癖のない等身大の役って難しいと思うんだけど、自然な感じでびっくりしたり怒ったり可愛かったりしてたもん。1幕のダンスはその時々に合わせた表情もしてたね(^^)ミュージカルの楽しさを感じてくれていたらいいな♪

そして夏が終わりました。偶然にも眼鏡ケースが閉まらなくなりました。これは何年前か忘れたけど渋谷のハチ公ショップで購入したもので、もうハチ公のイラストなんて消えちゃってるんだけどね。でもPZの思い出の品だったのに・・・、買い換えの時期なんですね。PZに履いていくんだって買ったサンダルも次々とダメになり、愛用していたかごバック(ウチワもほぼ隠せる大きさなので、一泊旅行なら十分使えました)も破れてきました。ある意味、今年が区切りの年になったのかも知れません。
感想はこちらまで→


HOME

女の子お絵かき掲示板ナスカiPhone修理池袋 ブラジリアンワックス